トップ

葬儀の行い方とは

葬儀の在り方を考える

家族葬は葬儀費用を安くします

人生の長さには、人それぞれで色々な期間になりますが最後は全て死で終わります。高齢化の日本では、その人生の締めくくりになる葬儀の在り方も問題になっています。価値観が変化している中で、増えているのが格安の費用でできる家族葬です。あまり、お金をかけたくないという思いが今は一般的です。家族葬の場合は、費用は通常の葬儀と比べても半額程度ですることができます。平均すると、約100万円くらいの予算があれば通夜と告別式やその他の飲食代など全て含めて収めることができます。ただ、この金額には僧侶へのお布施は含まれていません。

費用が最も格安な家族葬の料金

家族葬は少人数で行う葬儀のことで、大人数で行われる一般葬と比べて費用が安く、家族にかかる金銭的・精神的負担が少ないといわれています。参列するのは近親者や親しい友人などで、数人から十数人の規模です。参加人数が少ないので、遺族は心に余裕を持って故人を見送ることができます。親しい人のみで行う葬儀なので、実施する予定があるなら、参列しない人への配慮が必要です。故人と縁のあった全ての人に、家族葬を行う事実と理由について知らせておかないと、後々トラブルになる可能性があります。費用の平均は100万円前後で、最も格安な会社だと80万円程度の料金で行ってくれるようです。

新着情報

↑PAGE TOP